投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

先月のページビューが1000超えてた - 僕がブログをつける理由 -

イメージ
先月のページビューが1000超えてた 僕は今まで全然PVなんて気にしていない。今でも気にしてない。気の赴くままに書いていた。では、なぜブログを書いているのか。理由は3つある。
ブログを始めた3つの理由
・知識、価値観を体系化するため 自分の考えや価値観を説明する際に、うまく説明できないことが多いと感じた。日頃から、たとえ人に読まれていなくても、発信していれば、文章にしていれば、それを解決できると思う。披露するには、体系的に文章をまとめないといけない。パラグラフをつけて、論理構成を考える。その中で、自分の考えや価値観、知識は鍛えられるのです。
・ソースコードを披露することで、自らのモチベーションを上げ、自分と同じ問題で困っている人に役立てるため 正直、自分の書いてるコードなんて、とても基本的で晒せるものではないと思っていた。しかし、僕が今そのレベルで困っているように、同じ問題を抱えている人は、実は数えきれないほどいると、何かを読んでいて気付かされた。それなら、自分がせっかく生み出したもの、身につけたもので、誰かの役に立てればいいなと思う。実際、あるエラーや問題を解決したときの記事はアクセスが多くつく
・自分をアピールする為 自このブログでは、何か特定のテーマ、例えば「物理」、「プログラミング」、「人生哲学」などに絞らず、雑多な内容を扱っている。料理の記事もレストランの記事も、僕の随筆も、プログラミングも、研究も書く。それは、僕が個人としてどういった人間かを世界に対してアピールしていくためだ。それで、「この人と話したい」、「この人と仕事したい」、「この人には共感できる」などと思ってもらえたらすばらしい。ただ、グルメやプログラミングや勉強にしても、ラベルを付けただけでは、情報が散漫になってしまった感じが否めない。いつかブログを増設するのかもしれない。

ブログの月間ページビューが1000超えてた





努力を継続する方法についての記事を読んでいたら、「まずは目標を小さく。僕は月間PV1000を最初の目標にしました。」とありました。僕も1000PV/月を目標にしようかと思ったけど、久々にPVを見てみたら、既に超えてました。当初は、自分以外に来訪のないブログだったけど、いつのまにやら記事は100を超え、月間PVも1000を超えました。次は月間PV10,000を目標にしてみます。人に…

FPGAをVerilogで書くべきかC言語で書くべきかの比較研究プロジェクト始動です

イメージ
今は詳しいことは書けませんが、FPGAを従来通りVerilogで書いたもの、C言語の高位合成で書いたものの動作比較の研究が始動しました。晩夏の日本物理学会で成果について触れるつもりです。

現在地の地図と住所をリアルタイムで表示するandroidアプリ Show your current map and address with an android App

イメージ
現在地の住所を表示 Show your current address 移動すると常にリアルタイムで現在地の住所を教えてくれるアプリケーション

動機 警察や消防や救急に通報するとき、いちいち状況や現在地を話すのが煩わしくないですか。出血が止まらないときは、怖い人に襲われて電話ができるかできないかっていうときもある。そんな一刻一秒を争う時、住所が自動的に電話相手に伝わればいいのにと思っていました。そのための第一歩として、まず現在地の緯度、経度を取得し、それを逆ジオコーディングによって住所に変換して表示。
逆ジオコーディングというのは、緯度、経度のペアを住所に変換すること。ジオコーディングは住所を緯度、経度に変換します。
産業界や行政の動き 僕は間抜けだった。既にそんなことは問題視されていた。僕たちは知らないかもしれないが、通報の際に自動的に位置情報は受信機関に報されているのだった。そのことは、作成後に当たった参考文献に書いてあるとおりでございます。ただ、昨今の子どもの行方不明、誘拐事件を見ると、彼らはいったいどこへ行ってしまったのかと、もっとテクノロジーでよくできないのかと思ったりするのです。
Source Code 省略。Android Studio の新規プロジェクトよりGoogle mapを選択してonCreateとxmlをガチャガチャいじりました。
ただ、まだ解決していないバグが一つ。
// set default position on map where you are LocationManager service = (LocationManager) this.getSystemService(this.LOCATION_SERVICE); Criteria criteria = new Criteria(); String provider = service.getBestProvider(criteria, true); Location location = service.getLastKnownLocation(provider);
ときどき、getLastKnownLoca…

携帯のGPS精度の計算

イメージ
携帯のGPS精度の計算
GoogleMap Apiを使って緯度、経度を調べてみると、それぞれ 35.********, 139.******** というように、小数点以下第八位まで出てる
この数字、何m動いたら、一番小さい桁が動くのかと思って計算した。
計算 地球が完全な球だとしておく。 地球の半径Rが R = 6,378,137m だとすると、大円の円周は2π・6378137m。 緯度 緯度は簡単。緯度が増える、減るというのは、赤道を起点に緯度90度、-90度で北極、南極まで動く。
まず、一度あたりのメートルを出す。緯度が南極から北極までの180度で半周しているので、一度あたりを出すには 円周 2πR = 40075016.6856m
を360度で割ると、一度あたりのメートルは 2π*R / 360 = 111319.490793m/度
次に、小数点以下。例えば、小数点第一位は、1度を10刻みにしているので、緯度が0.1度動くと、 11131.936862m/0.1度
同様にして、小数点以下第八位では、 0.0011131.9368625m/0.00000001度 = 1mm/0.000000001度
すなわち、1mm動かすと、GPSの数字が変わって感知されることになる。
経度 経度は少し面倒くさい。同じ経度1度でも、緯度0度の赤道ではメートルの変化が大きいが、北極や南極では、全く動かない。 東京を含む緯度35度の半径 r は, 地球半径を R として、 
r = R cos(35 * π/180) = 5224663.96231m
試しに35を0に置き換えると赤道半径r = R, ±90とすると、r = 0になる
円周は 2πr = 32827531.8429m 
1度あたりの距離は 2πr/360 = 91187.5884525m/度
0.00000001度あたりの距離は 0.00091187.5884525/0.00000001度 = 0.9mm/0.00000001度 すなわち、0.9m動かすと、GPSの数字が変わって感知されることになる。
誤差 GPS誤差がいくらかなのか、よくわからない。小数点以下第八位まで、果たして本当に信用していいのだろうか。系統誤差や統計誤差をさっぴいても小数点以下第八位までは不変なのか。 Location.toString(…

Where is adb in Android Studio ? / Android Studioでadbはどこ?

Where is adb in Android Studio? The path to adb has been changed from Eclipse.
adbへのパスはエクリプスと変わりました。
Path to adb / adbへのパス Where is sdk? File -> Other Settings -> Default Project Structure...

In Project Structure,

Platform Settings -> Android SDK

You can see the path to sdk

sdkはどこにあるのか File -> Other Settings -> Default Project Structure を開く。Project Structure内にて Platform Settings -> Android SDK を開く。そこに、sdkへのリンクがある。


Where is adb? It is easy to find if you know where sdk is.
In Windows, your sdk path is like
C:\Users\UserName\AppData\Local\Android\sdk

The adb path is like
<path to sdk>/platform-tools/adb.exe
Thus, your adb path will be
C:\Users\UserName\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools\adb.exe
adbはどこにあるのか sdkへのパスがわかれば、簡単だ。Windowsの場合は、sdkへのパスは C:\Users\UserName\AppData\Local\Android\sdk
sdkへのパスからadbへのパスは <sdkへのpath>\platform-tools\adb.exe
したがって、adbへのパスは次のようなものになろう
C:\Users\UserName\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools\adb.exe
参考Android Studioにおける…

毎週の国際会議

LHC-ATLAS実験の日本チームは、いくつかの大学が集まって共同で作業を進めているので、全体の調整や情報共有のために毎週ミーティングをしている。今日もスイス組、東大、京都大などでテレビ会議。時差があるから、スイスの朝、日本の夕方に始まる。世界がどんどん縮小していく。

「富という物は、増える物なのだよ。」

知恵袋にこんな質問があり、答えが秀逸だった。

お金を儲ける事に遠慮してしまいます。自分でもおかしいと思っているのですが、自...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1165573141
自分にも、お金を儲けることに後ろめたさがあった。何かイベントを催して人からお金を徴収するとき、つい言い訳したくなるものだった。

今まで、僕の考えは等価交換がベースだった。僕が物理をやっているから、社会における交換を、エネルギー保存則のように考えていたのかもしれない。運動エネルギーは位置エネルギーに変わる。家を建てるには、人の労働や時間が消費される。また、物理のエネルギー保存則を社会に当てはめようとする考えは、数年前に知ったブルデューの資本の考えに影響されていた結果かもしれない。ブルデューによれば、文化資本、社会関係資本、経済資本は全て交換可能だ。金 (経済資本) があれば、優秀な教育を受けて素晴らしい学歴 (文化資本) を手に入れることができ、学歴 (文化資本) は優秀なコネ (社会関係資本) につながり、優秀な人材 (社会関係資本) と一緒に金 (経済資本) を稼ぐことができる。

およそ全ての人に与えられているのは、時間と労働力である。病気の場合は違うかもしれない。生まれながらにして資本に恵まれている場合も、貧困に喘ぐ場合もあるが、時間と労働力は基本的に全ての人に与えられている。知恵袋の解答では、家を建てる時間や労力については触れられていなかった。仮に、全ての資本が保存則を満たしているとしよう。有効に使われず消耗された時間や労力は山のようにある。それらを無駄に消耗せず、価値の創造に繋げることが大事なのだろう。後悔しないように生きないと。

まだまだ頭の中がスッキリしない。もっと考察しよう。貨幣経済、効率的市場仮説なども踏まえて。

変化し続けるという価値観

イメージ
誰でも価値基準を持っているが言語化できない どういうわけか、どこで影響を受けたのか、どこで築き上げたのか、誰しも価値観はあるもの。価値観がなければ、何一つの選択をすることもできない。例えば、昼にギョウザを食べるかおにぎりにするか。仕事のために休みの日をサクリファイスするか。どのお誘いを承諾するかなど。どの人間も気づかぬうちに価値基準をつくり上げる。これは神谷恵美子も主著『生きがいについて』で書いていた。ただし個々の場合について選択することはできても、「あなたはどのような価値基準ですか」と聞かれると、答えらない。言語化が容易ではない。

価値基準を探るワークショップ 先日、自分の価値観を知るワークショップに参加した。60枚以上の単語カードが与えられ、その中から、直感で5枚を選んだ。カードには、

知性
協力
信頼
友人
給料
挑戦
新規性
安定
知識

といった抽象的な言葉が書かれていた。まず、20枚を選んだが、そこからなかなか減らない。似たような単語は削ぎ落とすようにして、ようやく10枚を選んだ。そこから吟味しながら5枚を選んだ。優先度の高い順に

変化
知性
革新
面白さ
影響力

となった。当初、挑戦や教養、新規性といった単語が選ばれるかと思っていたが、ついにいずれも残らなかった。

変化
変化(metamorphosis)はとても大事だ。自分自身は変化し続けないといけない。イギリスでは「動きまわってるのは落ち着きがない子どものようだ」と言い、アメリカでは「同じ所にいると苔が生える」と言うなどと聞いたことがある。イギリスの方は微妙に記憶が間違っているかもしれない。僕はアメリカに寄っているらしい。なぜ大事なのか。3つ挙げた。

環境の変化に取り残されない まず、周囲の環境は常に変化しているからだ。その中で自分だけ変わらずにいると、取り残される。年を取れば取るほど凝り固まった価値観に囚われやすいが、そうなると柔軟さを失う。例えば、新たなデバイスが登場したとき、それに慣れ親しむのも周囲の変化を受け入れていることの一つだ。変化することを恐れず、積極的に変化を受け入れて、環境を飼いならしていくべきだ。。「物事は起こるべきタイミングで起こる」という批判もあるが、それは常に何も意味しない。「全て起きたことは起きるべきことだった」と言うときと同じぐらい何も意味しないトートロジーだ。

自分…

日本帰ります

イメージ
二週間のCERN出張終えて帰るよ、多分また近いうち来るよ。