投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

書評: 結城浩『数学ガール ゲーデルの不完全性定理』

イメージ
数学ガール ゲーデルの不完全性定理の書評

結城浩による数学の小説『数学ガール』シリーズの第三巻だ。

コンピュータ科学、計算科学、計算可能性といった分野でゲーデルの不完全性定理が登場することがあり、それがどういったものか、どのようにして計算化学と関わっているのかを知りたく、本書を紐解いた。形式的体系、完全性、無矛盾性といった言葉はわかった。しかし、ゲーデルの不完全性定理の証明および計算科学との関係はわからなかった。

(追記 5月29日) ちなみに、この記事が著者にツイートされていた。

“素粒子物理する渡邊のブログ: 書評: 結城浩『数学ガール ゲーデルの不完全性定理』” http://t.co/V5tzxWdCBv — 結城浩 (@hyuki) 26 Mai 2015

ジュネーヴのラーメン屋さん"Yukiguni"(ゆきぐに)二度目の再訪

イメージ
ジュネーヴ唯一のラーメン屋さん「ゆきぐに」再訪
5月13日、グリュイエールチーズ自社製造しているLe Gruyerienでチーズフォンデュを食べてから、10分ほど歩いてラーメン屋さんをはしごしました。

Le Gruyerienのチーズフォンデュ食べてきました

イメージ
ジュネーヴ Le Gruyerien のレビュー 5月13日、ジュネーヴでグリュイエールチーズを自社製造しているLe gruyerienへ行ってきた。英語で電話予約できました。
検索すると、Chêne-Bougeries駅近くの本店ばかりがヒットするが、Bel-Air駅から歩いて10分ほどのPlainpalaisにも2014年2月ごろに分店ができたらしい。


平日の午後七時は誰もいなかった。予約する必要もなかった。
ヴァレーの干し肉。ワインに合う。
忘れた。ローストビーフかも。
グリュイエールチーズ 50%、エメンタールチーズ50%のオーソドックスなチーズフォンデュ

正統派のチーズフォンデュといった感じ。にんにくは控えめに鍋に塗っただけで、チーズの香りや味わいを存分に活かしている。

きのこフォンデュ

きのこの香りや風味がとてもおいしい。これもおすすめ。

Restaurant Le Gruyérienホームページ
tripadvisor
月-土曜日
  10:00 - 15:00, 18:00.-
  食事の提供 11:30 - 14:00, 18:30.-
日曜日はお休み
住所: Boulevard de Saint-Georges 65 1205 Genève
電話: . +41 22 320 81 84

書評: ケヴィン・ケリー(2014). 『テクニウム - テクノロジーはどこへ向かうのか? 』 - THE REVIEW of "WHAT TECHNOLOGY WANTS"

イメージ
テクニウム (WHAT TECHNOLOGY WANTS) の書評

テクノロジーを理解するため、宇宙の誕生や爆破事件などを織り交ぜ、テクノロジーの活動空間であるテクニウムの中でテクノロジーを捉えようとしている。テクニウムは、自己組織的で、人類の制御を超えて、前時代の自分自身を糧に加速度的に発展していく空間だ。

May 9-11, 2015 モロッコ, マラケシュ旅行記

イメージ
モロッコ, マラケシュ旅行記 5月9日(土)-11日(月)でモロッコのマラケシュを旅行してきました。
ぼったくりや詐欺多いし、土煙ひどいし、電気やインターネットも乏しいけど、すごく活気があり、人々はフレンドリーだった。世界にまだこんな国があったんだと思わされた。

ハイライト写真




CERNのレストランは高くてまずい ~野菜なしシチュー編~

イメージ
Restaurant1にて。これで12CHF(1500円)は高い。角煮みたいなシチューだった。ご飯はゴツゴツしてた。3つともチーズかと思ったら一つは卵だった。

レマン湖にいたハクチョウの親子とカモの親子

イメージ
以前、シャンパンフォンデュ食べてきたとき、レマン湖沿いにコブハクチョウの親子とマガモの親子がいて、とてもかわいらしかった。あまりによかったので、記事にした。

Bains des Pâquisでシャンパン・フォンデュ(Fondue au Crémant)

イメージ
シャンパン・フォンデュ食べてきた

きのこフォンデュ(Fondue aux champignons) in Auberge de Savièse

イメージ
きのこフォンデュ

フォンデュ・ブルゴーニュ(Fondue Bourguignonne) at Edelweiss in Geneva

イメージ
EdelweissでいただくFondue Bourguignonne
Fondue Bourguignonneはオリーブオイルでサイコロ状の肉揚げる料理で、日本の串かつに似ています。

書評 ニコラス・G・カー(2010). 『ネット・バカ』(NICHOLAS CARR "THE SHALLOWS"), 青土社

ニコラス・G・カー(2010). 『ネット・バカ』, 青土社の書評


一気に読んだ。目の前の霧が晴れるような心地がした。これはテクノロジーとメディアについて考える本である。バカっぽいタイトルだが、神経科学、脳科学、メディア史、そして数多の実験をもとに書かれている真面目な本だ。約350ページある。原題は"THE Shallows"。浅瀬という意味だ。ネットにより人々が表層的にしか物事を考えられなくなっていることを示している。

Abstruct ネット・サーフィンは、書籍と違い、大量の情報を飛ばし読みすることで、脳の構造を変化させ、人は集中力を失い、記憶力を悪くし、深い思考ができなくなる。