投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

2月21日 プレゼン大会開きました

イメージ
2016年2月21日
概要 身近な友人の研究や仕事をよく知らないことが多いので、そのための機会を作って各自で発表しあうことにしました。初めて発表した人や、うまくいった人や、大失敗した人もいましたが、次回もやってほしいと大好評でした。企画してよかった。

モチベーション よく会う友人でも、彼らが何を研究や仕事しているのか、何に関心があるの か、よく知らないことが多いものです。お酒の席で聞いても、話がまとまらない。そこで、改めて場を設定することにしました。せっかくなので、人を集めて発表してもらうことにしました。
発表というとジョブズやTEDのようにかっこよくなければならないと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないです。かっこよくても中身が空っぽの発表だってあります。「これを伝えたい!」という気持ちが大事です。今回は、誰でも気軽に発表できるような場を作ることに専念しました。発表するのは偉い必要もないし、先生である必要もないのです。誰も傍観者とならず、気軽に積極的に発表や質問をできるアクティブな雰囲気にしたかったです。

参加者の反応 発表3日前までは参加者が5人ほどしかいなかったが、当日は10人以上も参加者が集まった。発表を前日まで嫌がっていた人も、発表後は「やってよかった、またひらいて!次回は何を話そう」などと話し、自分が人に伝えられるものを意外と持っていることに気づいて嬉しそうでした。大変よかった。発表がうまくいかなかった人も、次回こそはと意気込んでいました。発表後には次回に向けての反省会まで開いてました。

企画してわかったこと「気軽に発表できる場をもうける」というコンセプトは大成功。「発表するモノ何もないし」という人だって、根掘り葉掘り聞けば、人が聞きたくなる何か出てくる。「人に教えることで一番学ぶのは自分」という言葉があるように、人に話す覚悟を決めると、それなりに準備して内容を整理する。発表し質問受けることで、一人で学んでいては気がつかないことにも気が付く。簡単にマネできないようなおもしろく印象的なプレゼンをさらりとする人がいる。本当に尊敬する。科学プレゼンと異なり、大衆向けのプレゼンで大事なのは発表者の人格や伝え方だ。内容ではない。中身が比較的空っぽでも、人柄やパフォーマンスがよくて、プレゼンのゴールが示されると、安心して聞ける。たとえ科学的に未発見のこ…

javascript nvd3 グラフ描画

イメージ
時系列データを描画しました。マウスカーソルに合わせて滑らかに凡例も動きます。chart.xScale(d3.time.scale())として時系列データとして読み込ませないと、座標は全て数字にしないといけない点、chart.xAxis.tickFormat()の引数にd3.time.months()は使えないこと(nvd3に非対応)などは注意です。


データは、
D3.js チュートリアル:基本9 – csvとJSONファイルの読み込み - Data is fun.
にある
csvファイルをお借りしました。





<!DOCTYPE html><html><head><metacharset="utf-8"><script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/d3/3.5.5/d3.min.js"></script><script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/nvd3/1.8.1/nv.d3.min.js"></script><script src="http://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/moment.js/2.8.2/moment.min.js"></script><linkrel="stylesheet"type="text/css"href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/nvd3/1.8.1/nv.d3.min.css"></head><body><svgid="chart"style="width:500; height:500;"></svg></body><script type="text/javascript"> d3.csv("timeseries…

[Raspberry Pi] 無線LAN子機 (BUFFALO WLI-UC-GNME) を接続してssh通信する

イメージ
Raspberry Pi Type Bを無線LANに接続する。無線LAN親機はY!MobileのPocket Wi-Fi

BUFFALO WLI-UC-GNMEを買う。

当初, ELECOMの「小型無線LAN子機 SDC-150SU2MWH」を購入したが、Raspberry Piが認識しなかった。

接続を確認 Raspberry Pi に BUFFALOの子機を指す。ターミナルにlsusbと入力すれば、BUFFALOのデバイスが接続されていることがわかる。


無線LAN設定
sudo wpa_passphrase SSID PSWD | sudo tee -a /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を入力する。SSID, PSWDは自身のWi-Fiを指定する。そして, 生成された /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を下記のように編集する

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa/supplicant GROUP=netdev # 追加
update_config=1 # 追加
network={
        SSID="SSID" # 先ほど指定したSSID。
        #psk="PSWD" # 先ほど指定したPSWD。コメントアウトされている。
        proto=WPA WPA2 # 追加
        key_mgmt=WPA-PSK # 追加
        pairwise=CCMP TKIP # 追加
        group=CCMP TKIP # 追加
        priority=2 # 追加
        psk=123456789abc... #先ほど指定したPSWDにもとづいて生成された暗号化パスワード
}

ブログによって、指定がCCMPのみだったり、proto=RSNだったりする。


インターフェース設定 /etc/network/interfaces

を開き, wlan0の項目を次のように編集する。eth0やwlan1には手を加えない。これで、Raspberry Piを立ち上げるとWi-Fiを探索するようになる。

auto wlan0
    allow-hotp…

久々にホームレスになりました

諸事情により一週間だけ家ありません。一年前の極貧ホームレス時代よりは明るい。友人のお世話になろう。人に「助けてください」と言えることが自立なのです。このことは、また改めて。

ニューラルネットによる画風変換

イメージ

nvd3を使ってjavascriptでグラフを表示

イメージ
nvd3を使うと簡単にかける。データは次のJSON形式でつくる。

[{
  key:'Label',
  values:[{x:0,y:0},{x:1,y:1}]
}]

main.html
<html><head><meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"><title>My chart</title><script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/d3/3.5.5/d3.min.js"></script><script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/nvd3/1.8.1/nv.d3.min.js"></script><link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/nvd3/1.8.1/nv.d3.min.css"><script src="chart.js"></script></head><body><!-- D3 will use this "svg" tag to render the chart! --><svg></svg></body></html>


chart.js
/*These lines are all chart setup. Pick and choose which chart features you want to utilize. */ nv.addGraph(function(){// Creates a new Line chart.var chart = nv.models.lineChar…