大学生よ、本を読め

大学に入学した人たちに伝えておきたいことがあります。大学図書館を使い倒してください。

日本の大学の図書館の蔵書数で一番多いのはどこでしょう。
一番は国会図書館。二番はどこでしょう。実は、東大の図書館です。日本の図書館の蔵書数トップ10を下に挙げました。

1 国立国会図書館 9,887,050冊
2 東京大学附属図書館 9,153,000冊
3 京都大学附属図書館 6,557,000冊
4 早稲田大学図書館 5,358,000冊
5 日本大学図書館 5,283,000冊
6 慶應義塾図書館 4,826,000冊
7 九州大学附属図書館 4,108,000冊
8 横浜市立図書館 4,090,000冊
9 大阪大学附属図書館 3,987,000冊
10 東北大学附属図書館 3,957,000冊
(日本の図書館 統計と名簿 2012より)


大学図書館が多いです。ぜひ学生の方々には使っていただきたいです。

卒業しても大学図書館は使えるからって思った方もいらっしゃるでしょう。そうでもないです。たとえば、東大図書館は卒業すると利用に制限があります。閲覧は無料ですが、貸し出しには年間数万円の寄付金が必要です。さらに、大学に通わなくなると、わざわざ大学図書館に寄ることがなくなります。ですから、大学を卒業してから大学図書館を使うにはハードルが上がるのです。

ぼくは大学を卒業するころになってから、よく読むようになりました。すでに、区営の図書館で手に入り、読みたい本は、だいぶ読み終えてきました。本を購入することもありますが、なるべく借りてすませます。先月は全力で読んでいたら120冊を紐解いていました。一冊2000円だとすると、月に24万円も書籍代に消えてしまいます。これではパンも食べられない。大学のころからもっと読めばよかったとも思うけど、そう言っても仕方がないです。だから、こうして学生に言うのです。

コメント

人気の投稿